右サイド・右利き

1月5日・6日は、岩手県中学校ハンドボール1年生大会でした。いよいよ、息子達の代のレギュラー戦。保護者会のビデオ撮影係として、子ども達の輝くプレーを撮影できる喜びで一杯でした。いや、息子の初得点を期待していたのが本音でしたが(笑)。普段の練習試合でも、シュートを決めた話も聞いていたので、当然期待していました。

しかし、現実は厳しかった。

全般を通してパスがほとんど来なくて、4試合でシュートは3本。特に3試合目は全くパスが無く、試合終了後は、息子はチーム内で存在意義が無いのでは?と思い、かなり落ち込んでいました。正直、「何がチームプレーだっ(怒)」とも思いました。

最後の試合、1位決定戦で、やっと決めたシュート!コートの遠目のスタンドからビデオ撮影していた私は、自チームの応援団の歓声があがっていたので息子の初得点を映像に収めた喜びを感じていました。しかし、家に帰ってビデオで確認したところ、審判はラインクロスの判定をしていました(涙)。間違って、点数は入っていたみたいです。

偶然にも私の教え子がこの試合の審判をしており、その日の夜に、SNSを通じて私から話題を出したところ、良いアドバイスを貰いました。

「息子さんのラインはすみませんm(._.)m
でもルールなんで(笑)
サイドは決定機に絶対にラインを踏んじゃいけないポジションです!是非身につけて欲しいです!!」

そうだよね。そうだ。そうだ!!

結果としてシュートは成功していませんでしたが、勘違いしていたおかげでビデオで事実を知るまでは気分良く過ごすことができました。チームは2位でしたが、現時点では、喜んで良い結果だと思っています。

その後、いろいろ研究したのですが右利きの右サイドっていうのは、得点を決めることについてはかなり厳しいポジションということが解りました。先輩達の全国大会のビデオを見直したら、パスを貰うことも少なく極めてチャンスが乏しい。ここに来て初めて知った・・・

それでも、4試合のビデオを見ると小さい身体でもディフェンスで頑張っていた・・・

「何がチームプレーだっ(怒)」・・・取り消します。

自分の役割は何か、どんな工夫が出来るかということを良く考えて頑張って欲しいですね。

左利きの優秀な後輩が入ってきたら・・・ネガティブですね。それはその時に悩み苦しみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です