おくおがり

今日、9月16日(水)、紫波地区中学校新人大会ハンドボール競技が矢巾町体育館で行われ、男子は矢巾中が優勝しました。

2年生の先輩達が相手チームに差をつけてくれたので、選手交代、試合終わり間際の1分間に1年生全員が公式戦に出場させてもらえました!しかも2試合。

それぞれ1分間だけだったので、息子はボールに触ることはなかったけれど、こんなに早く出場機会があるとは!部員が少なくて良かった(爆)

(閉会式)

それにしても、身体が小さいなぁ。

また、下半身はまあまあ強くても上半身はそうでもないので、ボールを投げるのも少々非力感があります。せめて、早く大きくなって欲しい。しかし!

私も今でこそ約180cmの身長がありますが、中学1年生の頃は息子とほぼ同じの150cm以下の身長でした。中2の後半から急激に伸び始めて、高1までの2年間で20cm伸び、どちらかと言えば「おくおがり」でした。バレーボール部でしたが、中3の頃にはオスグット・シュラッテル病になり痛い思いをしました。顧問の先生に、膝が痛くて練習を休みたいと言った時の冷たい反応が記憶に残っています。※But、私はスポーツ少年ではありませんでした。生っ粋のベンチウォーマーでした。

当たりの強い競技なのに、息子「おくおがり」で3年間が終わってしまうのか?膝が痛くて苦労するのでは?

心配です。以上、取り越し苦労でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です