おやじの会奉仕活動2012

煙小PTAおやじの会の活動として、9月2日(日)に学校敷地内の側溝の泥上げを行いました。副校長、主幹教諭、急に出られなくなったお父さんの代打母の女性3名を含め、総勢10名の作業でした。※昨年はサッカーゴールのサビ落とし&塗装を行いました。
それにしても見事な詰まりっぷりです。特に敷地の西側、校舎前の側溝はかなり困難な状況。グレーチングの格子の間にも土がギッシリとつまり、更に上を自動車が通るので圧縮された土の固さがすごい。
当初考えていた、小笠原さん所有の高圧洗浄機&バキュームカーで泥を溶かしながら吸引していく作戦は早くも断念しました。計画の時には「人はそんなに要らないかもしれない。」と話していたのですが、やってみたら大変でした。
そこで、水を流しながら、人海戦術であらかじめ泥をドロドロしておき、バキュームを進めていく方法に切り替えました。
作業がだんだん上手になり、効率良く進められるようになってきました。だいぶ水を使ったような気がしますが、来月の水道代請求大丈夫でしょうか。。。

(((((( ;゜Д゜)))))ガクガクブルブル

ビフォー・アフターを比べてみましょう。綺麗になったでしょう?

ビフォー・アフターを比べてみましょう。綺麗になったでしょう?

残暑厳しいなかでの作業は過酷でしたが、皆様の協力でほぼ予定範囲の泥を除去することができました。9時から12時まで、本当にご苦労様でした。今回は機械化部隊がいたので何とかなりましたが、こうなる前に少しずつ綺麗にしておくべきなんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です