春中ハンド(下)

富山を訪れた3月末、名物の寒ブリも白えびは季節ではありませんでした。まあ、その前に、我が家は経済的に手が出なかったでしょう(涙)。

富山の初日の宿は氷見市の九殿浜温泉ひみのはな。なかなか良い宿でした。

写真は、朝食です。2・3日目は高岡市内のホテルに宿泊。居酒屋で、ホタルイカは戴きました。。。

−−−

大学生(金沢工大)の頃に味わったあのターバンカレーを再び・・・と思い、七尾に行った際、チャンピオンカレーを戴きました。あらかじめターバンカレーの系譜を調べて、継承しているのはチャンピオンカレーだろうと思って行ったのですが、金沢の皆さん、間違っています?

カツカレーではないものを注文してしまいました。そのせいか、食べても味に懐かしさを感じませんでした。参考サイトには「FC店があるが本店とFC店の品質に違いが大きいことは地元民には周知の事実。」とあるので、そのせいかもしれません。参考:金沢カレー その知られざる真実の歴史

−−−

氷見市の道の駅、氷見漁港場外市場「ひみ番屋街」では、ブラックソフトクリームを戴きました。黒いソフトクリームは、関東地方にもあるようで、どちらも竹炭を練り込んでいるようです。氷見〜能登は、竹林がいっぱいありましたからね。「ひみ番屋街」には金箔入りのソフトクリームもありました。

−−

「ひみ番屋街」の土産の中に、富山ブラックラーメンなるものあって気になっていました。そのせいもあって、2日目の夜は、宿への帰り道に偶然見つけたラーメン屋に飛び込みました。

ありました、ブラックラーメン。空腹にして、ライスをつければ最強だと思います。

−−−

富山最後の昼飯は、片面の鱒寿司です。

−−−

最後、富山湾越しに見える立山連峰です。海辺の公園の広場、その駐車場で、隣に停まった軽自動車から若いお母さんと3歳位の女の子が降りてボール遊びを始めました。そのボールが、ハンドボール!!

さすがハンドボールの街、氷見。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です