春中ハンド(上)

3月25日(金)から3月29日(火)にかけて富山県氷見市で開催された、春の全国中学生ハンドボール選手権大会に矢巾中ハンドボール部が出場しました。我が家も、娘を留守番させて(爆)、夫婦で応援に行ってきました。学生時代は通過するだけの富山県でしたが、それでも一応25年ぶりの富山です。

”ジャンクション”がカタカナ書きとは珍しくないですか?

朝の3時頃に自宅を出発、高速道路を11時間位かけて富山に着きました。

3月25日(金)の17時、男女合わせて94チームが集まるこの大会の開会式は壮大です。男子の矢巾中、女子の花巻中の入場に感動!

翌26日(土)から試合が始まり、矢巾中は1回戦、2回戦を勝ち上がりました。どちらも、序盤に先制・先行を許す試合で、私はハラハラ。これは「矢巾劇場(注)」ではないかと。

注:抑えのエース高津臣吾が、ランナーを出しながら何とか敵を抑える「高津劇場」をパクってみました。

28日(月)3回戦では、地元の氷見南部中に完敗しましたが、ベスト16。選手たちは良くやってくれました。いろいろ勉強になったと思うので夏の全国大会に向けて頑張って欲しいです。

−−−

2年生の先輩方が頑張ってくれたおかげで、2回戦では、1年生全員がコートに立つ機会を頂きました。ボールに1回触れただけでしたが、息子は間違いなく「全国大会出場経験あり」の実績を残しました(笑)!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です