通信費の削減

インターネットをADSLからソフトバンク光に変えて6ヶ月。家族3人のスマホと合わせて通信費の請求額が月額3万円を超えてしまいました。

私の理解不足だったと思いますが、スマート値引きに必須とされているソフトバンク光のオプション合計額が想定していたより高く、しかも、2ヶ月前からスマート値引きが非適用になっていました。なぜ非適用になっていたのか、身に覚えがない!

慌ててソフトバンク光のオプションを解約してBBモデムも返却して、今はNTTの機器だけで繋いでいます。

私のiPhone5cは2年間の機種代返済が終わりましたが、今後機種変更しなくても月々7,000円支払い続けることに嫌気が差し、SIMフリーのスマホに変更することを決定。電話は、SIMフリースマホにMNPの番号をつけることも検討しましたが、ある程度の無料通話時間+キャリアメールが欲しいのでドコモのガラケーを使うことにしました。

SIMフリースマホはHuawei P8maxで、ファブレットに分類される巨大スマホです。液晶、カメラ、バッテリーの評価が高い一方、「iPhoneのパクリ」、「老眼スマホ」と揶揄されている機種ですが、正に老眼が進んでいる私にとってちょうど良い機種です。SIMはU-mobile データ専用(SMSあり)のダブルフィックスプラン(1〜3GB)で、月額1,200円程度とする予定です。速度は場所、時間帯でかなり違いがあるようです。

使い始めて5日間、この機種の使い勝手に全く問題はありません。老眼スマホと言われていますが、Nexus7(2013)とほぼ同じような画面の感覚です。使い始めて数日、iphone5cの画面が非常に小さくて見づらくなって来ました。

写真は、妻のiPhone6と並べた様子です。液晶の美しさは良いですね。But!、気に入ったカバー(ケース)が入手しずらく、現時点ではあまり持ち歩いていません。

ドコモのガラケーはP01−Gです。SSバリュー(無料通話25分付)+iモード+パケホーダイ・ダブル+安心保証?で月額2,200円程度、スマホと合わせて3,500円を目論んでいます。

これで、第一段階として、通信費月額25,000円以内にできるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です