PTA総会

4月19日(土)は煙山小学校PTA総会でした。春の珍事と言いますか、会員数465名に対して委任状122名+本人出席356名の出席で合計478名!もちろん、名簿でダブルカウントしてしまったせいだとは思いますが、悪くない新年度のスタートを切ることが出来ました(笑)。

多数の会員が参加するこれまでの総会で、時間の制約もあって意見を言いづらいこともあろうかと思っていました。意見が全く無いのもちょっと恐いので、PTA活動の点検のために、冬に「PTAの活動に関するアンケート調査」を行いました。

その”まとめ”(意見とPTAからの回答)を総会資料につけ、会長挨拶の中で若干の補足説明をいたしました。建設的な意見、励ましの意見が多く私としては内心ホッといたしました。しかし、やはりお忙しい仕事や地区子ども会活動とPTA活動の両立も困難という意見もあり、PTA活動の負担軽減に関して26年度に検討することにしています。

昨年度は、父親のPTA行事への参加を促すために、全体レクリエーションを企画・実施しました。新たな「おやじ」の協力者にも恵まれ、勇気づけられました。

また、PTA活動の情報共有として、個人的ながらもウェブサイトを立ち上げ活用を図ろうとしました。全体レクの案内と共に会員に紹介しましたが、はっきり言って、こちらは見事な空振りでした(笑)。でも、全国からパラパラとアクセスがあるので(特にレクの内容とか)日本のどこかで役に立っている可能性はあります。まあ、そんなものでしょう。

そして、26年度も引き続き会長職を務めさせて頂くことの承認を頂きました。息子も6年生で、最後の一年です。学校現場、そしてPTA活動の良き理解者を一人でも多く増やすことを意識して出来ることをやっていきます。

他人操作は労多くして、益少なし。空振り覚悟、笑うなら笑え。「話せば三流、企画は二流、手間暇かけるのは一流」で取り組んで行きます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です