皐月祭

これまで毎年、運動会ネタで親バカぶりを披露してきた私ですが、果たして娘が中学生になってからも続けて良いものでしょうか。中学生にもなればインターネットの利用も頻繁でしょうから、このサイトの名称から、私が誰の親か気づく人はいるでしょう。先日のPTA懇親会でも、小学校の先生から指摘されましたしね。

「おまえの父ちゃん・・・」

とからかわれないように、あまり親バカ色を出さないように気をつけていきます。

前日は雨天のため、今日、日曜日に延期になり最高のコンディションで大会を迎えることができました。延期の判断をしたのはお見事でしたね。

生徒達は、青・白・赤・緑の各組団編成で、朝9時から午後4時までずっと競技をしているか応援しているかです。3年生のリーダーシップのもと、一丸となったパフォーマンスはかなりの有酸素運動でした。娘曰く、競技のスタート待ちが休める唯一のときだったと。小学校を卒業したばかりで、下っ端の一年生は大変だったでしょう。

赤組のスローガン(四字熟語)は”松岡修造”。個人的にはもう少し真面目なものを考えて欲しかったのですが、伝えたいことは十分理解できました。そして、赤組の行動はそのとおり熱かったです。

娘は、競技の出番が多かった。

100メートル徒競走は、その組の第一位でした。正直、いわてスーパーキッズの子と同じ組になって、どれぐらい差をつけられて負けるのか見たかった気もします。

この競技は良かった。入学から1ヶ月、別々の小学校から集まった生徒達がスクラムを組んで挑む九人十脚リレー。これからの中学生活で与えられる試練を、出会ったみんなで励まし合ってクリアしていきま〜すというオーラが見えるんです。私にはそう見えるんです。確かな友情を育んで欲しい。

とにかく、各組団の一体感が素晴らしかったし、競技・応援を通じて常に全力投球状態だった生徒達のパワーに脱帽です。練習もいろいろ大変だったと思いますが、娘は家では不満を漏らしませんでした。

北中は新幹線からよく見えます。この晴天の良き日、震災後はずっと徐行運転の東北新幹線が何度も通り過ぎていました。車窓から運動会の様子を見て、懐かしい思いをした人もいたのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です