娘は中学生

今日は、娘の中学入学式でした。

私としては、喜びよりも心配の方が大きいです。お嫁ちゃんがいらぬところで口を出しすぎて、娘は世間を知らなすぎるのではと少し危惧しております。この3年間は、あれは駄目、これは駄目と言わずに、できるだけ見守っていきたいものです。

しかし、次のことには口を出したい。自分の事は棚に上げて言うしかない。

  • しっかり勉強しろ。分からないことがあっても時間を掛けて、答えを導き出せ。そのプロセスが大事なのだから。安易に他人に聞くな。そのプロセスを経ているのなら、成果は求めない。
  • 英語は、一緒に勉強するべ。
  • 危険な行為はやめろ、やめさせろ。臆病であることに胸を張れ。
  • 運動しろ。これまで通り、得意な「走ること」は頑張ってくれたまえ。期待している。
  • きっかけは何でもよい。いろいろな事に首をつっこめ。遊びの事じゃないぞ。もちろん、友達も巻き込め。大いに巻き込まれろ。それも”積極的”のうち。
  • 電話応対、あいさつは教えるから、その通りに石舘家の一員として普通にやれ。
  • 自分勝手な行動は慎め。自分のためだけにお金、時間を使うな。人のために、時間を使え。
  • 趣味でも、遊びでも、単なる消費者になるな。何らかの生産者になれ。
  • 無責任なマスメディアに学ぶな。歴史に学べ。
  • 他人の評価を気にするな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です