天気予報のバカヤロー

9月19日は、PTAレクリエーションの南昌山登山の予定でしたが、雨天が予想されたので延期にしました。

朝5時の発表では、降水確率60%で昼過ぎまで雨という予報です。朝6時30時点で、曇り模様だったし、初めは見えていた南昌山も雲の中に隠れてきました。アメダスでは西の方から雨量が観測されており、秋田では降っていたので、岩手もそのうちだろうと考えました。そして、委員長の私と、副委員長の佐々木さんとで電話で相談し、間違いなく雨が降りそうだし、予備日もあることから無理をせず延期をすることに決定したのです。

その後、朝よりも空は暗くなり小雨も降ってきたのですが、すぐに止んで、その後は空も明るくなって雨も降らずじまいでした。何だよ、陸上記録会の日は、昼過ぎから降るって言っておきながら朝から降ったくせに、今回は逆に降らないのかよ。くそ。

「これなら出来た。。。」
「とりあえず現地集合してから、判断すれば良かった。。。。」

連絡網で延期を伝えたときには、「延期ですか。理由は?」的な反応も一部あったので、自分たちの判断の後悔と自責の念で、気分の優れない一日となりました。

夜に、PTAの次の企画の件で佐々木さんに電話して、朝の話題を出しました。

朝の判断をちょっと早まったかもしれないという私に、佐々木さんは

「いや。今日のは仕方がないと思いますよ。延期にすれば晴れる。実施にすれば雨が降る。そんなの良くある話ですよ。この事をどうのこうの言う人なんか居ませんよぉ~(笑)。」
「こっち(広宮沢)は、一時、ザーッと降ったんですよ。いつまでも降り続くんじゃないかいというぐらいでしたよ。」

いいわぁ、佐々木さんのこの落ち着きぶり。この電話で私は救われました。ちゃんと雨は降ったんだ。

佐々木さんは、私が気苦労しているんじゃないかと思って電話しようかと思っていたそうです。嬉しいけれど、だったら本当に電話してくれれば良かった。。。

以上、主催者じゃない人とっては、大したこと無い話ですけどね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です