いっちゃんスキーデビュー

今年から、1年生の息子もスキーを始めました。本当は、私が教えられれば良いのですが、基本をしっかりとして欲しいこと、甘えないで欲しいとの気持ちから、まずはスキーレッスンを受講させることにしました。

■1月9日(土) 雫石スキー場

初めてスキー板をはいたのが、1月1日。これは実家の畑で歩くだけでしたから、この日が初めてのスキー場デビューです。娘と息子は、ジュニアスキーレッスンを受講させ、秘かに私も一般レッスンを受けました。ちなみに、私は最初のレベル分けで初級者行き(涙)。この時点で、息子に指導の資格なし!!

たまに息子の様子も見ることができましたが、一緒に受講している、恐らく初スキーの子供2人に比べて転んでいる回数が多いらしく、ついて行くのがやっとという感じに見受けられました。それでも、午前の部を終えたあとにレッスンの先生と話をする機会があり、「すごく元気ですね。うまいですよ。」と言われました。午後の部はすっかり出遅れを取り戻したらしく、コーチから大声で指示を受けていました。

この日は、おかかにカメラを預けたのですが、寒さでバッテリーが冬眠したらしく、撮影はできませんでした。

■1月14日(木) 雫石スキー場

この冬一番の寒波が訪れたこの日。それでも、事前に子供をスキーに連れていく目的で休暇を取得していたので、スキーを強行しました。雫石は風が強くて、マスクなしの我が一家にとって顔面凍傷になりそうな日でした。平日でもあり、ツアー客やスポ少っぽい子供たちを除き、ふらりと訪れた一般客はいない、そんな閑散とした雰囲気でした。

私は、前回のレッスンで受けた指導の復習をしながら、子供たちを観察していました。リフトに乗っていても強風で煽られ、顔もピリピリとして痛く、子供たちから泣きでも入るかも、午前中でリタイアかな~と思っていました。午前の部を終えて先生に様子を聞いたところ、「いやぁ~、元気ですね~。休憩しようと言ってもしないんですよ。」とのこと。やっぱり、うちの息子って元気なんだ。。。。

ちょっと昼休み。

午後は、初級ロマンスリフトを卒業して、パラダイスコースに連れていかれました。天候もいくらか回復し、子供たちは頑張っていたみたいです。スキー2日目にして、この斜度は上出来かな。

■1月17日(日) 八幡平リゾートスキー場

気温は低いのですが天候に恵まれ、親子そろって自由に滑った一日でした。4人乗りクワッドで、なぜか降りる瞬間に恐れを抱いていた息子でした。

スキー3回目にして、息子と上から下までずっと一緒に滑ることができました。スキーのハの字の先端が開きすぎるみたいなので、少しずつ調整していかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です