休眠口座の復活

息子の大学進学が決まり、学費等の引き落としのため、ゆうちょ銀行の口座を作ることになった。

現在、ゆうちょ銀行の口座は1人につき1つしか作れないとのことだったが、初めて口座を開設するということで郵便局の窓口で胸を張って新規口座開設の申込書を提出した。しかし、数分後に窓口に呼び出され、同姓同名、同じ誕生日の人間の口座があるので同一人物であるかどうかの確認をさせて頂きたいと言われた。

郵便局の口座は作った記憶がない。

登録住所の照合のため、とりあえず、引越しの記憶を辿って住所を言って欲しいと窓口の担当者。社会人になってからの住所である埼玉、千葉、岩手県の市町村数ヶ所を答えたものの担当の方は首をひねり、「まだ、ありませんか?」のひと言。私はしばらく考え込み、そして急に記憶が蘇り、県名を叫んでしまった。

「・・・・石川県っ!」

大学時代、実家からの仕送りに郵便局を使っていたことを思い出したのだ。少し興奮気味にクイズ番組の回答者のように人差し指を立てて、自信を持って答えてしまったのが自分でも笑える。担当の方は続けた。

「その先は・・・?」

「石川郡野々市町、今は確か・・・野々市市ですね。扇が丘・・」

正解だった。

念のため実家に電話をかけて通帳の有無を確かめたが不明で、結局、通帳の再発行の申請を行うことになった。約30年間眠っていた口座。残高はあったとしても機械で出金できる1,000円未満であろう。間もなく通帳が届く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です