買い物ポイントはどこに?

ある日、中学生のZ君が祖父からクリスマスプレゼントを買ってもらうことになりました。

そのお店で、Z君は欲しいものを手にとって祖父と一緒にレジへ。Z君は、店員から「ポイントカードはお持ちでしょうか?」と尋ねられることもなく、祖父から預けられた現金で支払いを済ませ、品物とレシートを受け取りました。

少し遅れてZ君の父親がその場に来ました。支払いを済ませたという祖父とZ君を見て、父親は「しまった」という様子。

「俺(父親)のポイントカードに(ポイントを)入れて貰えば良かったな。そのレシートをレジで見せれば何とかなるかな。」

そう言うと、父親はレシートと自分のポイントカードを持ってレジへ相談。

「あのう、さっき息子が支払いを済ませたレシートなんですけど、ポイントを私のポイントカードに入れて貰えます?」

その時、父親が改めてレシートを見直すと、そこには今回の買い物ポイントの他に累積ポイントも表示されています。明らかに買い物ポイントがどこかに付与されているらしい。或る会員番号も表示されている。父親は続けました。

「あれ?さっきの買い物のポイントは、どこかに入っていますね?誰の?いったいどうなっているんでしょう?」

クレームをつける風でも無く、純粋に不思議に感じて質問をする父親。店員は狼狽気味に、Z君の会計担当を呼び出しアナウンスを掛けたりレジを操作したり周囲の探しものをしたり・・・そして、

「申し訳ございません。こちらのポイントカードに入っているようです。よろしければ、どうぞお使い下さい。」

とポイントカードを差し出しました。もう一枚のポイントカードを持つのも煩わしいと感じた父親は、カードからカードへのポイント移動をお願いしました。ポイントがちゃんと移動されていることを確認して店を後にしましたが、あとで確認すると2000ポイント(2000円相当)も増えていました。今回の買い物では到底そこまでいかない、大きなポイントでした。

まとめると、お店では、非会員が買い物をした際に発生するポイントを貯めておくためのダミーのポイントカードがあるようで、その父親がツッコミを入れてしまった形になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です