最後の小学校運動会

5月24日(土)は、息子が通う煙小の大運動会が開催されました。最近雨が続いていたので天気が心配でしたが、好天の元、ベストコンディションの開催となりました。

しかし、我が家のコンディションはイマイチ。せっかくの最後の年にリレーメンバーから落選するとは!娘の時代から含めて初めての経験で、お嫁ちゃんと一緒にガッカリしていました。

もちろん徒競走も最強の最終組ではなく、更に追い打ちをかけるように、スターターの「用意」の声を聞き逃しスタートで大失敗。終わった。。。それでも、「まあ、仕方ないよな。」と気にせず、親子で楽しい昼食をとることはできました。

面白いと思ったことが1つ。今年は4年生が4クラス編成になったこともあって、運動会は昨年の赤白青の3組編成から伝統的な紅白編成に戻りました。昨年度の優勝は青組、その優勝旗を返す役として、開会式では全校児童の中で唯一青帽子をかぶったのが息子です。親としては大変おもしろく、記念に残りました。よく立候補したね。

良かったことも幾つか。マーチングでは、全体で唯一の楽器で良く聴こえるシンバルを担当しました。演奏を聞きながら、これが息子の鳴らしている音なんだなとじっくり鑑賞できました。騎馬戦でも馬の組み方に工夫していたようだし、総力戦では四方から囲まれて名誉の自滅を選んだ(笑)とか、本人も頑張っていたみたいです。結論から言って最後の煙小運動会は、なかなか良い運動会でした。

PTA会長としての2年目の運動会、挨拶原稿は家に忘れたりしましたが、自称「話せば三流」と決めているので、何とかやることはやりました。応援合戦の審査では、やはり体育館側が有利という説の検証ができました(過去の応援合戦は、かならず体育館側が勝っている)。ごめんね、赤組さん。本当に白組の方が声が大きかったのです(注意!午後の部は対等でしたから、体育館側でなくても勝てる!)。

来賓接待係の子ども達、今年もありがとう!お茶を勧められて、可愛らしいものだから、ついつい断らずに何度も。。。トイレに(爆)。

帰りに同じクラスのお母さんに「PTA会長さん、大変ですね。」と言われましたが、正直に「慣れると楽しいです!」と答えてしまいました。

しかし!楽しいのは運動会だけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です