ガラスの腰

4月26日から腰が痛くて大変でしたが、やっと治ってきました。基本的に私は運動不足で体は強くない方です。

今から遡って15年前の新婚の頃、ふざけて、お嫁ちゃんを抱っこしてジャンプしたら、腰を痛めて全く動けなくなったことがあります。それ以来、重いものを持ったり何か作業をすれば、2日後あたりに腰が痛くなり、いつの間にか治るという生活を繰り返して来ました。

今回も数日すれば自然に治ると思っていましたが、酷くなる一方で我慢できず、近くの整形外科に診てもらい薬を処方されました。

その翌日、5月1日は最悪の一日でした。

一年に1回、お義母さんの定期検査のため宮古から盛岡市立病院まで送迎する役目(盛岡―宮古2往復)があるのですが、その日は、薬も貰ったし朝の具合も良かったので何とか1日腰がもつかと思ったら!

宮古から盛岡までお義母さんを車で乗せて来たまでは良かったのですが、私の腰の痛みが再発、しかも車の座席に座れなくなってしまったのです。病院の駐車場で車のまわりをウロウロ、病院の休憩コーナーでリハビリ。途方にくれる、お嫁ちゃんとお義姉さん、お義母さん・・・

結局、お義母さんを宮古に送るのは、急遽、お義姉さん夫婦に何とかしてもらい、後はお嫁ちゃんと共にどうやって矢巾に帰るかの問題になりました。車の座席に座れない。

立っているのは我慢できるので、そのままバスで盛岡駅まで行き、駅前の駒ヶ嶺リウマチ整形外科の診断をうけ、処方された座薬を駅のトイレでぶち込み(笑)、また市立病院に戻り、いくらか改善され車に乗れるようになったので何とか帰宅できました。5年位前にお世話になったこの整形外科、初めからここに来れば良かった・・・

翌日の矢巾町PTA代議委員会・懇親会は、会場が座敷のため欠席しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です