SONY VAIO VGN-FZ52Bの無線LAN有効化

 

admin@sony:/home/admin# lspci
     :
06:00.0 Network controller: Intel Corporation PRO/Wireless 4965 AG or AGN [Kedron] Network Connection (rev 61)
     :
admin@sony:/home/admin# cat /etc/apt/sources.list
     :
deb http://http.debian.net/debian/ wheezy main contrib non-free
admin@sony:/home/admin# apt-get update
admin@sony:/home/admin# apt-get install firmware-iwlwifi
admin@sony:/home/admin# modprobe -r iwl4965
admin@sony:/home/admin# modprobe iwl4965

SONYのVAIO VGN-FZ52BにDebian Linux 7.4をインストールしました。無線LANの有効化についてインストール時にFirmwareが必要と言われるのですが、状況が良く解りませんでした。

そこで、とりあえず有線LANで繋いだ状態でインストールを終わらせ、無線LANのコントローラーをlspciで調べ、その型番でネット検索して、やり方を見つけました。

https://wiki.debian.org/iwlegacy

手順は以下のとおりです。

 

admin@sony:/home/admin# cat /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules 
# This file was automatically generated by the /lib/udev/write_net_rules
# program, run by the persistent-net-generator.rules rules file.
#
# You can modify it, as long as you keep each rule on a single
# line, and change only the value of the NAME= key.
 
# PCI device 0x11ab:/sys/devices/pci0000:00/0000:00:1c.4/0000:08:00.0 (sky2)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:1a:80:**:**:**", ATTR{dev_id}=="0x0", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"
 
# PCI device 0x8086:/sys/devices/pci0000:00/0000:00:1c.2/0000:06:00.0 (iwl4965)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:13:e8:**:**:**", ATTR{dev_id}=="0x0", ATTR{type}=="1", KERNEL=="wlan*", NAME="wlan0"

なぜ、モジュールを1度だけ手動でロードすれば、そのあと自由に使えるようになるのか良く解りません!

UDEV関連の設定ファイルには、認識するハードウェアの情報は追加されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です