第M次親子戦争

「言わなくても(期末試験の)勉強するんだから。あまり口うるさく言うなよ。」と娘を信じ、お嫁ちゃんに釘を刺して1週間の出張に出掛けました。私が不在の間に、口うるさい母と娘が衝突して勉強どころではなくなるような気がしたのです。

そして出張から帰ってきたら、私もお嫁ちゃんと共に怒りまくる結果となりました!何も言われないことを良いことに、どっぷりとイラスト書き、インターネット利用で時間を使っていたらしく散々な結果に!内申点を上げるチャンスを不意にしてしまいました。

こちらが感情的に怒りまくると、娘もスゴイ。

数年前の予想(2009年)が現実のものとなりつつあります。普段は穏やかですが、いざとなると北朝鮮のような瀬戸際外交をする女です。こちらが怒りのボルテージをあげれば、鏡の様に返してきます。強い。。強すぎる。。

先週、60年前の新生児取り違え事件に関する訴訟が報道されましたが、その中で「実の弟らが、取り違えられて「兄」として一緒に育てられた人物と容姿や性格が似ていないことを不審に思い」というくだりがありました。

性格とは、後天的なものではなく先天的なものなのか。だったら仕方がない。

「あんたが甘やかして来たからだ。ナメられている。」とお嫁ちゃんに言われますが、私のせいではないようです(笑)。

事態は何とか収拾しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です