宮古ものづくり工作教室

昨日は宮古高等技術専門校を会場にお借りして「宮古ものづくり工作教室」を約30組の親子をお招きして実施しました。これは県立職業能力開発施設の職業訓練指導員で構成する職員団体、岩手県職業訓練職員協議会の主催によるもので、私も企画の一部から携わりました。

今回はミニ四駆、組木、キーホルダー、そしてプッシュステンドピラミッド
の4コースを用意しました。

プッシュステンドピラミッドと聞いても、それが何なのかピンと来なかったのかもしれません。参加人数が少なめでした(笑)。

しかし、アンケート結果によれば参加した皆さんに喜んでもらえたようです。カッターを使うので怪我も心配でしたがそれも無く、制限時間内(約1時間40分)にみんなが完成し成功だったと思います。

個人的にうれしかったのは、参加した子供らが時間を忘れて作業に没頭していたこと。

「1時間ぐらいたったの?」
「いや1時間40分だよ。学校の授業だと2時間分だね。」
「えーっ!?」

ただ、刃物を使うので集中力の持続のためには休憩時間も確保した時間配分にすべきでした。
ということが今回の反省点です。

コース終了のあとは、ビッグダディ三浦先生のうどんが参加者、スタッフに振舞われました。参加した皆さん大変お疲れ様でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です