夏休みの工作

息子の夏休みの工作は、出来合いのタミヤの工作キットにしました。

紙コップやら何やら日用品(廃品)を使っての工作・・・というのが理想なのかもしれませんが、もしかしたらそれはキットの無かった昔の話で、何かと慌ただしい現代には馴染まないかもしれません。

割りきって、いきましょう!!

我が家で定期購読している子供の科学にもクラフト系の工作が連載されていますが、材料の調達も難儀で、作業時間もかかりそう。そこで、上記のキットを選択しました。

出来合いキットですが、それなりの工具が必要で、工具名や組立図に登場する部品名はものづくりの基礎知識になると思います。小4の息子もだいぶ組立図をすらすら読めるようになり、用語も理解しました。

ラジオペンチ、ニッパー、ドライバー、ナット、六角レンチ、イモネジ、ワッシャー、シャフト、ギア、グリス・・・・・

昨年もタミヤの工作キットを使ったのですが、学校に持って行ったら部品の緩みで思い通りに動かなくなったらしいです。息子は、その経験から六角レンチを見て「あ、これ、一応学校に持っていく。」とのこと。

15歳以上・・・という製品ですが、部品図と現物の対応をしっかり確認する、或いは図面の通り並べてあげれば意外と親の手はかかりません。

やっと完成しました。製作の手伝いはしましたが、学校で思い通りに動かない時に彼は問題解決に必死に取り組んでくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です