アゲハ蝶の幼虫

息子が学校帰りにアゲハ蝶の幼虫を捕まえてきました。幼虫はどんな葉でも食べるかといったらそうではなく、卵として産み付けられた木の葉を食べるらしいです。昨日の朝早く、ご近所さん宅の、幼虫を捕まえた場所に行って葉を数枚いただいてきました。

その後、勉強中に理科のワークブックを見た息子が突然叫びました。

「あっ、そっかぁ。さんしょうなんだ!」

ワークブックには、山椒の葉に卵を産みつけると書いてあります。タイムリーな勉強でした。葉は独特の香りがしていたので納得です。

葉っぱの食いっぷりがすごいので、これから毎日、新鮮な葉を調達しなければなりません。そこで、今日は、ご近所さんに毎日葉っぱを頂きたいというお願いをしてきて了解をもらいました。暑い日々が続いており、葉っぱがすぐに乾いてしまうので、これからしっかりと飼育できるか心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です