宮古へ

今回の大震災でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。また、被災された方、そのご家族・関係者の方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

あの大地震から一週間以上たちました。気が滅入る毎日です。

記録に残しておきたいことは沢山ありますが、まずは今日のはなし。

ガソリンがちょっと足りなくて、お嫁ちゃんの実家である宮古市津軽石に行けませんでした。今日、盛岡南ICの近く、友愛病院隣のessoに朝5時から並び、7時間待って12時頃に2,000円分給油できました。

「ご苦労さまです。助かります。」

思わず、声が出ました。本当にそう思いました。

これでGOサインです。

そして、ここ数日、自転車で買い集めた食料を積んで宮古に行ってきました。

国道106号線は、自衛隊の車両がばんばん通っています。川井の道の駅では、自衛隊の皆さんもしばらくの休憩。。大変ご苦労さまです。

お義父さん、お義母さんが居る実家は被害がなく無事であることは、お嫁ちゃんの叔父さんから3月14日に電話があって知っていましたが、食料や灯油が心配でした。

電気・ガス・水道はOK、灯油も大丈夫、食料がちょっと足りなかったようですが元気そうで安心しました。食料は一週間分は用意できたので、これからも大丈夫でしょう。

これでひと区切りついたと思うのですが、道中で見た宮古の惨状が頭に残り、気分がすぐれません。これからどう復興していくのか。山田、大槌、釜石、大船渡、陸前高田。。。。

〔追記〕

宮古から盛岡に帰ってきて驚きました。19時頃だと思うのですが、翌朝に向けて、essoに車の待ち行列が!!盛岡南ICの西までずっと続いていたと思います。一日遅れていたら給油できなかったかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です