タープの骨が折れちゃいました

5月1日(土)は、昨年に引き続き陸前高田のモビリアへ。

まずは、陸前高田市内にBBQ用の肉の調達に行き、ついでに高田松原に寄りました。風が強くて、波も荒かったです。なぜか、貝殻集めに夢中になる子供たちでした。

美しい砂浜で有名な海水浴場ですが、シーズンオフは、これまた日本らしい風景と言えるかもしれません。美しさを維持するのに、大変な努力があるのですね。

さて、昼ごろにモビリアに着いて、テントを張って昼飯の予定でしたが、思わぬアクシデントに遭遇してしまいました。強風の中で、テントを張ることは成功したのですが、タープを張るときにあおられて、シートが思い切りめくりあがり、自分達ではどうにもできず隣のサイトの人に助けてもらいました。そして、天井部分の骨(ポール)がボッキリと折れてしまいました。子供たちにも手伝ってもらったのですが、タイミング的にちょっと強引に作業を進めてしまったようです。とても残念でしたが、これで経験値がまた上がりました。子供たちも怪我をしなくて良かったです。もう、無理はしません。

その日の夕食は不機嫌でしたし、落ち着きませんでした。風が収まりそうな雰囲気はなかったので、早目に昼と夜を兼ねた食事を慌ただしくとりました。この風のなかで、BBQをやって怒られないかなと周囲を気にしながら、風にあおられ我々と同じように破壊されているサイトをいくつか見ながら、明るいうちに食事を終えました。

日が落ちてからは、どんどん寒くなってきました。テントに入って、将棋やらゲームで時間をつぶします。このまま終わっては、あまりにもつまらないということで黒崎仙峡温泉に行くことにしました。モビリアから車で15分くら いです。温泉に浸かり、何とかゆとりを取り戻してキャンプ場に戻ったところ、風はすっかりと無くなっていました。そしてどのサイトも、何事もなかったかのように夕食を楽しんでいました。寂しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です