キャンプ2日目

5月2日(土)

キャンプ2日目の朝は、厳しい冷え込みとなりました。大船渡測候所での最低気温は、3.5度なので、ちょうど1年前のキャンプと比べればマイナス10度です。子供たちは、ある程度しっかりした寝袋ですが、私とお嫁ちゃんは安物だったので夜のうちから寒かったです。

テントの外に出て改めて感じたのは、朝冷え込むこの時期のキャンプに、我々が利用したB7区画は避けた方が良いなということでした。ここはキャンプ場の盆地の底に位置しているため、朝日が昇る時間帯、日陰にいる時間が長く、いつまでも寒いこと。我々の視界にある山側のサイトは、朝日に照らされているので暖かそうなのに、我がサイトは、ガクガクブルブル。また、盆地の底は風が弱いわけでもなくタープも破壊されましたし、朝は放射冷却でがっちりと冷え込んだに違いありません。夏は、逆に良いかもしれませんね。

快晴で、やっと暖かくなってきました。いっちゃんは、国語の音読(宿題)です。

11時にチェックアウトして、宮古に向けて出発です。ほとんどの方は、複数泊らしく、チェックアウトする人達は稀でした。我々も今度は、ゆっくりと複数泊したいものです。

いつの間にか、モビリアと国道を結ぶ立派な道路(たぶん県道)が開通していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です