無題

GW明けに、恒例の「しどけ採り」のために実家に行きました。妻の大好物であり、私も独特の風味が好きです。山菜の価値が良く分かっていないのですが、買うとなると結構な値段がするそうですね。

妻がせっせと「しどけ泥棒」をしている間に、私は地区の老人会の会合の世話をしている父の迎えに行きます。公民館に着くと、地区のお婆さん方が帰り支度をしています。懐かしい方々です。地元を離れて25年ですから、相当久しぶりの方もいるので、「もしかしたら。。。。」と思っていたら、やっぱり居ました、こんな事を言う方が。

「(○○さんの息子さんだ~あ~の声に)おらーまー、おぉっきぐなったーごど」(訳:あらぁ、大きくなったねぇ!) ※いずれも宮古弁のように

爆!!

41歳にもなって、こんなことを言われるとは(笑)。小さい頃の記憶(場面)がそのまま再現されました。そして、私も、婆様方も、みんな年を取っていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です