家族旅行(1月9日-10日)

家族旅行で東京・千葉(ディズニーランド)に行ってきました。今回の資金は、おかか得意の500円玉貯金(2年)です。私を叱咤し続けて、貯めた貯金です。
東京に3年半勤めた私ですが、東京ディズニーランドに行ったのは今回が初めてで結構楽しかったですし、子供達も大喜びでした。いちも、一日中歩き回っていたのに疲れたとも言わず、しまいには音楽に合わせて踊りだすパフォーマンスを演じてくれました。
9日のディズニーランドでぴーこが最も喜んだのは「アリスのティーパーティ」、「キャッスルカルーセル」、要するにグルグル回るカップ、回転木馬です。 岩山パークランドにあるようなものを喜んだのは可愛らしいものです。チップとクラリスにサインを書いて貰ったのも思い出になったでしょう。

いちの大好きな新幹線は、指定席をとったのに残念ながら喜んでもらえませんでした。彼が最も楽しかったのは、新浦安オリエンタルホテルの食事だったら しいです。家ではすぐに「食べさせて!」と母にお願いする彼ですが、ホテルでは夜も朝も、一人で黙々と食べ続けていました。大人でも一人 3,000円で食べられるバイキングが目当てで選んだこのホテル、大変満足できました。

10日は東京タワーと、エプソン品川アクアスタジアムです。説明するまでも無く、田舎者には十分楽しめました。それは、良いとして。。。

2日目の朝、都心に向かうため新浦安から新木場までJR、そこで有楽町線に乗り換えることにしました。新木場で降りた私達は、通勤のビジネスマンの迷惑 にならないよう、最後にホームからの階段を降りることにしました。我々が最後尾のはずですが、僅か2才と思われる女の子がぽつんと一人、階段を怖がって降 りられず少し半泣き状態でいるのです。やがて、その娘は決心したように階段をひょこたん、ひょこたんと降り始めます。「母親は何やってるん だ!」と思い、周囲を見渡しても、誰も振り向きもしません。堪り兼ねて、「手をつないでおりようか?」と声を掛けますが、あっさり無視されてしまいます。 そして、その娘が頑張って階段の半分をおりた辺りで、次の到着電車のビジネスマンの大群が一気に階段を降りてきたのです!!
「おおっ、大丈夫か!?」
とても放っておけなくなりました。やっと階段を降りて半泣きで母親を探す女の子、ビジネスマンの大群に巻き込まれそうです。映画「戦艦ポチョム キン」の「オデッサの階段」を連想させる出来事でした。ビジネスマンの大群、怖い!!(きっと私が父親に見えたと思われ、誰も助けなかったのでしょう)
結局、改札を出た所で、母親の同行者らしき女性が、「〇〇ちゃん!?、〇〇ちゃん!?」と探しており、なんとか無事引き渡すことができました。それまで 我が家族がフォローしました。我々が居なければ誰かが助けたでしょうが、子供を置き去りにしたまま自動改札を通りますか?普通。。。。
その母親を一喝したかったのですが、首都圏で「BAGATARE、コノォ」と訛って怒る訳にもいかず、呆然とするばかりでした。
昨今、子供の受難が相次いで報道されておりますが、常識では計れない親が増えているんだなとつくづく感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です