さらばPENTAX SFX

今日は年末の大掃除。。と言いながら、自分の本棚やガラクタ箱の掃除だけしていました。毎年モノを買って、我が家の納戸も少しずつ狭くなってきたので、不要品の整理をしたのです。

今回リストラの対象となったのが、89年に購入した一眼レフカメラ、PENTAX SFXです。AFでストロボ内蔵そしてCanonやNikonに比べて安いということで買ったカメラです。学生時代から新社会人辺りまではそれなりに積極 的に使ったカメラでした。腕前は素人のままでしたよ。  妙高山や御嶽山、乗鞍岳など登らなくても撮れる山をよく撮りましたねぇ。乗鞍スカイラインは当時自家用車でも通行できたのです。夜の富士山麓に行って、 月の明かりだけでバルブ撮影などもやったこともあります。思い切り失敗しましたけど(笑)。そして帰りに遭遇した山麓の暴走族にはかんなりビビリました。

岩手に帰ってからはほとんど使うことはありませんでしたが、娘が生まれたときは復活しました。しかしそれもつかの間、2001年にデジカメを買ったので この5年間はどこに置いてあるのかも知りませんでした。昔撮ったあの写真とフィルムは、10回近い引越しの中でどこに行ってしまったのか、手元には一つも ありません。

久しぶりに出したこのカメラ、シャッターを切っても、上がったままだったり、正常に切れたりで使い物になりません。 *istDL2と写り具合を比較しようと思い、フィルムまで買ったのに残念です。直せばイケるかもしれませんが、*istDL2があるので。。。ちょっと 可哀想な使い方をしてきましたが、長い間お世話になりました。さようなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です